So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

司法書士試験に再度取り組む。

 長い間,司法書士試験の勉強をさぼっていた。
 あいかわらず豆腐メンタルだ。ぐずぐずになって,ただ引きこもっていた。

 これではいけない。
 というわけで,図書館に通う。

 なんだけど,図書館って,睡魔をもたらすよね。
 これではいけない。
 というわけで,マクドに移る。

 そして久しぶりに参考書とご対面である。
 ケータイ司法書士をおもむろにとりだす。

 不合格となるのはわかっているが,経験値を高めるために,受験はした方がよい。そんで受験申込書は入手した。あとは写真を貼って,印紙を貼って,書留で出すだけ。

 それにしても,基礎的なことがわかっていないことに気付いた。とりわけ商業登記法はヤバい。こまったもんだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

地域限定保育士。

 保育士試験のこと。

 神奈川県だと実技試験なしで実習にて資格をもらえるらしい。
 嗚呼これを知っておれば…。
 実は,昨年度でこれまでの保育士試験科目合格は失効した。昨年度,神奈川県での当該実習を受けておれば,地域限定ではあるが保育士の資格をゲットできたのに…。

 悔やんでもしょうがない。
 また新たに試験を受けて,ほんでもって神奈川県の実習を受けるしかない。

 というわけで,神奈川県庁のサイトを開いて,申込みの段取りをとる。というより,ほんとはこんなことよりも司法書士の試験を頑張ればいいのにね。

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

北海道の思い出。

 10代のとき,ふらっと北海道に行った。
 
 きっかけは,交通事故。
 クルマにひかれて,道路に投げ出された。幸いにもたいしたケガはなかった。加害者のおじさんがまじめな方で,ごめんなごめんな,そういって何度も謝ってくれて,最後に封筒を置いて行った。

 なんだろう。
 封筒を開けてみると,ていねいな謝罪文と5万円が入っていた。当時の自分には大金だ。そういえば,郵便局でバイトしてほかに5万円,もらったばかりだ。足して10万円。

 北海道に行こう。
 どうしてそう思ったのか,今となってはわからない。ただ,当時の自分にとって,北海道は美しい北の大地,10代の最後を過ごす場だ,そういう思いがあった。

 だいじに10万円を財布に入れ,手元にあったリュックに荷物を詰めた。夜,駅に行って,周遊券を買う。当時の私にとっては高い買い物だ。薄緑色のきっぷをなんども見つめた。

 そして夜行特急に乗った。
 座席で夜を過ごし,途中,降り立った東北の公民館で泊らせてもらい,青森から連絡船に乗って,波の向こうに函館を見た。

 函館を振り出しに,札幌,羊蹄山,襟裳岬,トドワラ,摩周湖,標津,知床五湖…。バス停で寝泊まりし,ラーメンのうまい店を探し,ふと流れる松山千春の曲を耳にして思わず立ち止まり,ヒッチハイクして野宿して。

 襟裳岬からのバスで出会った方,お元気かな。
 トドワラに行ったのは,その方の希望でもあった。京都出身の方だった。一緒に気球に乗った。廃線の無人駅を散歩した。500円のラーメンを食った。北海道は温泉が多い。硫黄でその方の銀の指輪がくすんでしまった。

 カネがあったら,その場でプレゼントしてあげたのに。
 残金計算して,プレゼントしてあげられないことをひそかに悔やんだ。
 
 昨日のことのように思い出す。
 
 カーリングの映像を見ていたら,思い出した。
 思い出はいつも美しい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

春にしてキミの笑顔を思う。

 カーリング女子・藤澤選手の動画を見ていて,ふと思う。

 藤澤選手は,高校卒業と同時に地元北海道を離れ,中部電力に入社し,そのチームでカーリングを続けた。
 …ということなのだが,当時の動画に見えるその素顔はあまりにひどい。

 強気で傲然と振舞い,ふてぶてしい,とさえ言えるほどの表情なのだ。

 弱冠18で外様の地に立ち,司令塔となったからだろうか。ヒトはあまりに重い責任を背負うと心の余裕,なにより笑顔を失う。
 もしかしたら,彼女は,のしかかる責任を押しかえすかのように我を張って,片意地を張って突っ張ってきたのかもしれない。だからぶしつけなまでに強気に振る舞ってきたようにも思う。

 でもそれは長続きしない。メンタルはつぶれ,ソチ五輪の選考勝負ではミスショットにミスジャッジ。

 彼女は,この2月,平昌の氷上に立った。
 しかし,かつてのふてぶてしさはどこにもない。笑顔がはじけ,キラリとするような美しさをのぞかせる。見る者を魅了せずにおれない。

 韓国のポータルサイトでは,検索語一位になったそうだ。

 LS北見では,少々のミスショットがあっても,みな笑顔で盛り立てる。尊重しあい助け合う。だから失敗してもさっと立ち直って最後は必ず勝ちに出る。

 笑顔を見せれば,笑顔が返る。
 笑顔を取り戻せば,こんなにも,人は成長するのだろう。

 ということなのだが,それにしても,藤澤選手,ホントかわいいね。まるで広末涼子だ。吉田ちなみと並び立つ映像を見るともういったいこれはなんだ,まるで女優かアイドルか。

 平昌オリンピックが終了してしまって,カーリング・ロスがかなり激しい。ほったゆみ原作で,マンガにして。ぜひ(ヒカルの碁みたく)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

スポーツ名場面。

 スポーツ名場面,というのがある。

 古くは,長嶋茂雄の天覧試合。札幌五輪で金銀銅を独占した笠谷,金野,青地の「日の丸飛行隊」もそうだ。名場面と言えば,江夏の21球ははずせない。

 今日,それに匹敵するものを見た。
 
 カーリング女子銅メダル。
 
 選手はみな北見市の出身。オホーツクの小さな町だ。
 吉田ちなみはソチ五輪後,戦力外通告を受け,失意のなかこの地元北見に戻った。藤澤五月は,ソチ代表になれず,メンタルの弱さを悔やみ,これも地元に。

 それでもみなカーリングを忘れることができない。クラブチームに属し,カーリングに食らいついてきた。仕事をしながら,資金援助してくれるスポンサーを探し,ここまで来た。

 もう後ろにはさがれない。
 それでも笑顔は忘れない。
  
 ミスショットがあっても責めない。ナイスショットがあればほめたたえ,喜び合う。独り悔し涙を流すこともあるのだろうが,リンクでは,みなの前では,決して明るさを失わない。

 どんなときでも,ポジティブに。
 そしてつかんだ銅メダル。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

オリンピックを見て思う。

 非正規は資格があっても役に立たない。
 資格があっても,正社員経験がないと,実務経験なし,と扱われて採用上,評価されない。ま,それもわからんではないが。

 しょうがないので,自分で道を切り開いて開業するしかないが,開業するなら司法書士以上の資格がいる。にもかかわらず,うつうつとして勉強にならない。

 で,引きこもりになってしまうのであるが,それでも時節柄,オリンピックを見るわけだ。
 
 オリンピックのアスリートたちはホントに努力家だ。そのメンタルがすごい。上を目指すのそのスピリットに拍手を贈りたい。

 葛西はかなり年配だ。それでもてっぺんを目指す。決勝進出はできなかったようだが,それがなんだ。その意欲が立派なんだ。風に乗って,もっと遠くに飛んでくれ。

 もっと驚いたのは,カーリング女子・吉田だ。
 ソチ・オリンピック経験者でありながら,一時は戦力外通告を受けた。失意のうち地元に戻るが,人に見られるのも恥ずかしいので,だれもいないときを選んで,ひとり静かにカーリングに触れた,という。

 そんな日々もあったのか。

 今,吉田は平昌のリンクで抜群の笑顔でストーンを扱う。ピンチのときほどスマイルが素晴らしい。その裏側にこめられたこれまでの思いは,いかほどのものだったろうか,と思う。

 モノが違いますね。
 というわけで,ただただ感動してしまいました。
 というわけで,「そだねー」。

 関係ないが,ふと思い立って,将来の立身可否をネタにして我が身をうらなった。結果,出たのは「坤為地」。ゼロだ,ということか。ゼロからのスタートだ。なにもないまっさらの地を,ただ牛のように従順に歩むしかない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

どれほどあれば生きていけるか。

 あと残りの人生,何年だろう。
 それまでどれほどの財産があれば生きていけるのだろう。

 ふとそんなことを思う。

 それにしても,仮想通貨騒動はすごいね。
 いきなり億万長者になる人もいるそうだ。うらやましいもんだ。億あれば,少しは笑顔になれるかも。

 実際,おカネをあげ続けたら,抗うつ剤を投与し続けるよりも改善するらしい。

 カネくれー。カネほしいよー。

 と,うなってしまう貧乏人であった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

細田守の映画。

 鬱々ではあるが,こんなときは食って寝るに限る。

 で,細田守のアニメをみた。「時をかける少女」。
 なにげない日常のなかで,さらりと流れる時間,このひとときも永遠に続き明日はまた来る,それを当たり前のように思う若い日々。

 でもそんな日々はもう来ない。もう二度と戻れない。
 
 こんなすばらしい映画,生み出すアーティストに感謝したい。すぎゆくこの瞬間のキラッとした美しさを感じた。感動をありがとう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

ニートからの脱却。

 今日は仕事に出た。
 やったー。これで日銭が入る。

 ほんと自分をほめてやりたい。これが続けば,アパートの家賃も払える。うれしくて祝杯。安い焼酎だけど,お湯割りで祝杯。

 元気を出したい。
 そして司法書士試験に取り組めるほど回復したい。

 ところで。
 「言の葉の庭」という映画で,女主人公,ビール(発泡酒かな)とチョコレートしか味がわからない,という設定があった。
 これってかなりの考証だ。
 実際,鬱で沈んでいるときは,アルコールに逃げてしまうものだ。チョコを口にしたがるのは,甘みに安らぎを求めるからでもあろう。

 というわけで,ココア粉末を買ってきた。この甘みで心情を安定させたい。ストレス鎮静効果もあるのかもしれない。

 それにしても,しっかり睡眠をとるのも大切。で,さっさと寝よう。おやすみ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

第25回社会福祉士試験。

 うつ病で動けない。
 このままでは収入ゼロだ。ストーブの灯油もケチらないといけない。なので寒い。寒いからますます鬱悪化する,という涙の悪循環。

 ところで,過去の社会福祉士試験をみて,特異な年度のあったことに気付いた。第25回試験だ。このとき,150点満点の試験であったにもかかわらず,合格点はなんと72点。つまり,得点率50%でも合格!という判定だったのだ。

 そしてそこまでして合格点を下げたのに,合格率は異例の10%台までに落ちていた。

 要は,試験問題が悪問ばかりだった,ということだ。
 
 似たようなことは他の試験でもある。

 たとえば,平成26年度行政書士試験。
 アブラ汗でエンピツがずるっと滑るほど難問ばかりだった。ふたを開けてみれば,180点合格基準点であるはずの試験が,補正措置にて160点台であっても合格とされた。

 先般の社会保険労務士試験もそうだ。
 あのときの合格率はたった2%台,という信じがたい合格率で,ふるえがきた。

 試験委員会もしっかり考えて作問するんだろうが,試験はミズモノ。どのように出るかわかたものではない。

 で,今年の第30回社会福祉士試験。
 これは易化した,というのがネットでのもっぱらのうわさ。合格点は引き上げられるだろうが,ではいったいどこまで引き上げられるのか。

 ネットをみると,業者統計,過去の先例,はては単なるヤマカンを駆使して,ボーダー予想が盛んになされているようだ。ボーダー予想といえば,例年,宅建合格点予想がもっともにぎわう。諸説乱れ飛んで掲示板も荒れるのだが,社会福祉士試験も受験者数が多いだけに,5ch掲示板では結構話題になっていた。

 さてどうなるのだろう。
 98点ボーダー,という業者予想に私も一票。
 
 ま,そんなことより仕事しないといけない。ハロワ行こうかな。ハロワのヒト,親切だし。

 今日は食パンのみ食った。野菜高いし。
 値上がりする灯油をきちんと買えるほどには働かないといけないね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -