So-net無料ブログ作成
検索選択

憲法。

 憲法の入門書を読む。
 
 判例
  内容規制    厳格な基準
  内容中立規制  合理性の基準

 芦部説
  内容規制    Clear and Present Danger
  内容中立規制  Less Restrictive Alternative

 
 職業選択の自由
  規制二分論
    内在的制約 厳格な合理性の基準
    政策的制約 明白性の基準

 ふーん。そういうものか。
 それにしても,司法書士試験は科目が多い。
 ついでなんで,刑事訴訟法,行政法も入れてしまえばいいのに。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

きょうは不動産登記法。

 今日は,山本オートマチックの不動産登記法Ⅱを読む。
 それにしても,読み返せばそれだけすーすー進む。初読の際は,難儀したが,このたびはすーすー進む。進歩だ。ありがてえ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

遅いスタート。

 ひどい上司のパワハラで鬱状態になって,ほげっとしていたので,半年ソンした。あんな人物のために半年ソンするなんてばからしい。だからしょげかえったりせずに,遅いスタートだけど学ぶことにした。

 というわけで,今日は民事保全,民事執行法を学ぶ。山本のオートマと,TACの基本的な問題集を読む。民訴って,眠素の別名があるが,私にとっては興味深い。別名オトナのケンカ,だと思うとなお興味深い。

 それより眠素なのが商業登記法ね。よくもまあこんな退屈な試験科目を作ったもんだ。あほらし。でもしょうがないね,これを落とせば合格はない。問題は,テキストがあんまりないこと。どれもこれもタイクツなんだよね。いいテキストないかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

トラブルな方。

 トラブルな方がおられる。
 トラブルな方とさっと手切れできればいいが,そういうわけにはいかない。
 世話する人は,いつも苦労人。

 困ったもんだ。
 
 それにしても。
 商業登記法になんとか手がかかった。少しずつ登っていく。

 自立したい。
 自立するのもいばらの道だが。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

刑法。

 刑法って,おもしろい。
 マイナー科目だが,読んでしまう。司法書士の簡裁代理権は,刑事系を含まないように思ったが,刑事系も含めてもらえないかな。かなりおもしろいのだが。

 それにしても。だ。
 刑法のほかに,供託法・司法書士法・憲法も学ばないといけない。憲法は,前に行政書士試験のときに勉強したが,供託法・司法書士法ははじめてだ。

 試験科目が多い。ハードルは高い。
 
 あしたは,商業登記法を学ぼうかな。
 オートマ山本の問題集も買ったし。

 底辺労働者なのですが,ふと,法律家になった夢を見てしまうのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

きょうもまたオートマ。

 オートマの不動産登記法Ⅱ巻を読む。
 それにしても,少しずつ分かってくる。ほんとに少しずつだけど,時間をかけると進む。時間だけほしいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

きょうは不動産登記法。

 というわけで,不動産登記法のオートマを読む。
 いつものマクドで読書。

 そういえば,前,隣で同じオートマを読んでいたおばさんがいたな。
 彼女も受験生か。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

あれから1年たったのか。

 社労士試験からちょうど1年たった。
 そのあいだ,しっかり司法書士勉強をしていたか。していなかった。情けない。ページを開いて,「今やる!!」の精神で学ぼう。つらかったら,ユンケル一気飲みすれば気が晴れる。

 それにしても,司法書士試験って,難しいね。エベレストの高嶺を超える高嶺に見える。ていうか,見上げてしまう。いつかそこをすいっとこなしたいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

元からアタマ良かったのでは。

 司法書士試験で,「なんとたった○か月で合格!」「史上最短での合格!」なんてのを売り文句にされている方々がおられる。
 
 たぶん,元からアタマ良かったんだろうな。
 実際,オートマの著者って,T大だし。慶応合格のびりぎゃるだって,エリート高出身だし。

 ほんとに無からの司法書士合格者(短期合格者ね)って,いるのかな。
 たぶん,いないと思うけど....。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

十二滝村。

 羊をめぐる冒険,ってのがある。

 村上春樹の三部作のひとつだ。これって,春樹最高傑作だと思う。結末もショッキングで,一瞬,息を呑んだのをおぼえている。登場人物に印象深いキャラクターも多かった。右翼秘書の黒服男もそうだ。いわしの運転手もそうだ。羊ホテルの博士もそう。なかでもアイヌの青年は忘れられない。
 
 この小説,ある夏の日に,読んでいた。
 スクエアのCry for the Moonって曲を聴きながら読んでいた。なので,この曲とペアになって思い出す。

 で,このあいだ,とある裁判官のエッセーを読んだ。十二滝村の場所を探し求めたエッセーだった。私もヒマとカネがあったら,北海道を旅してみたい。古いソニーウォークマンを用意して,スクエアの曲を聴きながら。周遊券(もう周遊券はないのかな?途中下車印でいっぱいになった周遊券)だけ握りしめて,あてどない旅とかしてみたいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。